ルイヴィトンが世界的ブランドになるまでの歴史

MENU

ルイヴィトンが世界的ブランドになるまでの歴史

ルイヴィトンが有名になるまで

 

「旅行鞄」から始まり世界的ブランドへ

 

ルイ・ヴィトンの始まりが、「旅行鞄」から始まったというのはご存知の方も多いのではないでしょうか。今回は、ルイ・ヴィトンが世界的な高級ブランドに成長した歴史についてご紹介します。

 

創始者であるルイ・ヴィトンは、1821年スイスの国境と接するフランスのアンシェイ村で生まれました。ルイは10歳のときに母親を亡くし、父と再婚した義母に辛くあたられるようになりました。そのことから1835年に14歳の彼は家出をし、パリへと飛び立ったのです。

 

彼は馬屋番や食堂のボーイとして働きながらパリへの旅を続けました。特に雑木林を間伐するなど、「木」に関する仕事を好み、あらゆる木に対して知識を身につけていたようです。

 

フランス中で名の知られる職人に

 

パリにたどり着いたルイは、オペラ座近くのフォーブール サン トレノで”レイティエ・アンバルール(荷造り用木箱製造職人兼荷造り職人)” の見習いとして働き始めます。
彼は、そこで高級品の衣服を入れる木箱を設計し、組み立てていました。ルイはすぐにこの仕事で頭角を現すようになり、30歳のころには、フランス中で名の知れた「荷造り木箱製造職人兼荷造り職人」になっていました。

 

皇后からも指名されるほどの職人となったルイは、自分の店を持つことを決心し、世界初の
旅行鞄アトリエである「ルイ・ヴィトン」を設立しました。そして防水性のあるグレー地の「グリ・トリアノン・キャンバス」とそれを用いたトランクをつくり出し、現代の世界的ブランド「ルイ・ヴィトン」としての一歩を踏み出しました。

 

「モノグラム・ライン」ができるまで

 

自分の店をもったルイは、数々の画期的なトランクを生み出し続け、さらにその名を広めました。フランスだけでなく外国にも彼の名は知られるようになり、注文が殺到。それに応えるため工場を設立し、海外にも店をオープンし始めました。

 

この時期から、世にルイ・ヴィトンのコピー品が出回るようになりました。この対策として、オリジナルの証である、ベージュと茶褐色のチェス盤に「ルイ・ヴィトン」の文字を入れた市松模様の「トアル・ダミエ」が誕生しました。しかし、それでも出回るコピー品に対して生まれたのが誰もが知っている、ルイ・ヴィトンの「LV」のイニシャルに星と花を組み合わせたトレンドマークのモノグラム。この「モノグラム・ライン」は、現代でもルイ・ヴィトンのシンボルとなっています。

 

現代も「ルイ・ヴィトン」は、創始者のルイ・ヴィトンの哲学を受け継ぎ、デザイン性はもちろん軽くて丈夫で機能性に優れたバッグを生み出し続けています。歴史を知ればさらにその商品の魅力が理解していただけたのではないでしょうか。