ルイヴィトンのブランド戦略はまさにオリジナルだ

MENU

ルイヴィトンのブランド戦略はまさにオリジナルだ

ルイヴィトンの販売戦略とは

 

最近も有名なブランドとコラボしたルイヴィトンは、そのオリジナルなセンセーショナルな広告やブランド戦略はどこから生まれるのか?
最強のブランド帝国と呼ばれる『LVMH』は、もちろん皆さんが知っている有名ブランドを傘下においたコングロマリットを形成しています。
LVMH創業者『ベルナール・アルノー』は、ルイヴィトンについてこう語っています。
ルイヴィトンのブランド戦略とは、何か?

セカンドラインを持たない。

確かにルイヴィトンはアルマーニのように安い価格帯のセカンドブランドがありません。
ブランドの価値を一定に守るため、値段を下げてまで普及しようとは考えていません。

ラインセンスの生産方式をとらない。

ルイヴィトンの品質の価値が生まれる原点とも言えます。
他社にライセンスを出すことは、簡単に大きな利益が生まれますが、しかし一度始めたら麻薬のようにやめられなります。
そこで、ルイヴィトンはライセンスを繰り返すことは、いずれは普及し過ぎてしまいます。
長い目で見るとブランド価値を落としてしまうのでしません。

アウトレット品を出さない。

アウトレットモールでルイヴィトンをみたことがありますか?
通常、アパレルは不良品の発生を見込んで必要数より多めに生産します。
不良分はアウトレットに回す。
ルイヴィトンは、職人育成と生産管理が徹底しているためアウトレット品は出ないのです。

セールをしません。

ルイヴィトンのブランドは、消費者がずっと保有していても値が下がらないという安心感で持っています。
ルイヴィトンが投資の対象になっていることもあります。

ニーズの調査をしない

ニーズに左右されないことは、ニーズをくみ取るのではもうブランドとして遅いです。ニーズ以前の流れを先読みし、最先端の提案をしているのがルイヴィトンです。

職人の手により工程にかかっただけの価格設定。

職人の手で一つ一つ造られているため、かかる費用が高いだけではありません。
利幅を取るために高価格に設定している訳でありません。

テレビ等のCMを流さない。

テレビ番組のCMにルイヴィトンのイメージとは合わないCMが前後に流れても文句を言えないからである。
それよりも、マスコミや愛好家を招待した豪華パーティーを開催して華やかなルイヴィトンのブランド知ってもらうこと、マスコミからの注目を集めることで、高い宣伝効果を得ていいます。

販売員を直営化している。

自慢の品質を顧客に理解してもらうためには社員の教育も大切です。
デパートから派遣された販売員は一切雇わないのがルイヴィトンです。
全て自社で研修を受けた販売員のみを雇います。

 

まとめ

ルイヴィトンの戦略はオリジナルです。
他のブランドは、市場の流れからニーズに見合った寄せていく商品開発をします。

 

しかし、ルイヴィトンのようなラグジュアリーブランドは独自の魅力の主張が重要です。
他社との比較ではありません。

 

常にオリジナルでなければならないのです。
ルイ・ヴィトンの魅力は長年使える高品質。そして使い易さの技術面の良さが愛用者やリピーターを増やし続けています。

 

オリジナル戦略がわかればよりルイヴィトンの世界観に魅了されてしまいます。
β版ご意見